一時的に労働。

この1ヶ月程は前回の通り、夜勤の短期バイトしてました。
11月下旬から始まり今朝まで働いてました。
早くも仕事納めとなりました、流石にもう今年は働かない。

バイト内容は宅配便の地域周辺の荷物が一手に集まる
集荷倉庫的な所での荷物仕分け積み込み作業。

ベルトコンベアーで流れてくる荷物を
宅配する地域別に仕分けて行ったりとかする仕事。
他それに準ずる付帯業務。

前にも似たような所でバイトした事あるけど
そこよりも作業内容や現場環境は良かったので
体力的には楽ではあったけど
いかんせん働きたくは無かった。
毎日のように早く終われ早く終われと唱えていました。

時間は夜7時から朝6時で
給料もなかなかの額が貰えました。
現金払いなのでもう給料も全額貰った。


そんな訳で今年もお疲れ様でした。
特に頑張ってない毎年のような1年ですが終わりは終わり。

次回の更新は年内あるか分からないので
今年の最後の締めって事で

また来年、良いお年を。
[PR]
# by azuma1013 | 2014-12-21 19:39 | 出来事 | Comments(0)

また働くけどすぐ辞める。

今月から無職となった私ですが
先日、早くも面接に行きました。
いや1ヶ月程の短期のバイトだけどね。

でも、こんなにも早くまた働くなんて意外
もう年内は働かない、仕事納めかと思ってたから。

まだ合否は出てないけど
もし受かってたら今月末から来月末ぐらいまでまた働きます。
まーちょっとだけ働くだけだから安心してくれ。
直ぐに無職にまた戻ってくるさ。

ちなみに行ったトコは
宅配便の配送センターです。
前にも同じような現場で短期のバイトで入った事あるけど
かなり体力仕事で前も働いたのは、このぐらいの冬の時期だったけど
それでも作業をしていると汗をダラダラかく作業内容です。
あー何でこれ選んだんだろう?不思議だなー。
まー鈍った体にムチ入れたいM男精神なんでしょう。


行ったトコはかなり大量募集してる現場で
面接に50人以上も人がいたけど
その半分近くが外国人だった
なんかドコの国の人か分からないけど
南米かインド?っぽい顔の人がたくさんいた。

実際に現場で働いてる人も
そんな感じの外国人が多かった。

聞いた話だと
特定の国の人は
同じ国の人同士のネットワークが凄くて
1つの現場に1人の外国人が採用されると
それがネットワークを通じて話が広まり
そこにドンドン同じ国の人が応募に来るとの話。

多分、そんな感じで人が人を呼び
どんどん増えていったんだろうなとの予想。

でも人が来るときは大量に来るけど
もっと条件の良い仕事が見つかると
全員ごっそり辞めてそっちに移動しちゃうんだってさ。
なんだかなー。まー仕方がない話なんだろうけど。


そんな訳で来月から
また月1更新に戻るんじゃないかな、このブログ。

では、また。
[PR]
# by azuma1013 | 2014-11-19 02:34 | 出来事 | Comments(0)

おいっ帰るぞ。

先日、祖母が亡くなった為
実家の大阪に帰省しました。
泊まらずに日帰りですけど。

いやまー仕事もしてない毎日ブラブラしてる奴なんで
そんな急ぐ必要はまったく無いんだけどさ。
まー色々と理由あるようでないんだけど
なんやかんやで日帰り弾丸帰省でした。

式が昼からなんで
朝早くに家を出ないと間に合わない。
そんな訳で朝一の新幹線に乗ろうと
朝4時ぐらいに起きる為に
前日は早めに就寝するも
まったく寝れず。
何故だろう当日は早く寝る為に
その日もあまり寝ないで早起きしたのに
まったく寝れず。

結局ほとんど徹夜状態で出発。
朝の6時過ぎの始発新幹線に乗り
いざ大阪へ。

新横浜から新大阪までの2時間ちょいの間。
その時間を利用して寝ようとするもあんまり寝れず。

新大阪に着き、時間がまだ早いので
小一時間程、散歩がてら2駅ほど先まで歩く。
そこから電車に乗り小一時間。
大阪と言っても大阪の中心部から離れた
兵庫との県境というか兵庫で降りる。
祖母の家は大阪だが式場は兵庫だった。
(前途の通り、兵庫と大阪の県境の為)

それにしてもなんだこのクソ田舎は。
無人駅じゃないかスイカが対応してないじゃないか。

そんな感じで式場へと向かう。
久しぶりに会う親戚等
まったく誰が誰か分からない。
知らずに結婚してる人もいたり
初めて会う人もいたりとか色々。

わたし、基本的に正月とかに帰省したりする人じゃないので
当然親戚の集まりなんかも出てないので余計に分からず。
同年代ぐらいの従兄弟なんかも名前がちゃんと分からず。
まーいいや。

正直、そんな感じで祖母とも疎遠だったので
特に感慨深いものも感じず。

ただ元々、祖母の連絡を受けたのが
式当日より2日前の昼頃だったんだけど
その時間、昼寝してて
祖母が出てくる夢を見ていたんです。
いや本当に。
んで電話が鳴って起きたら
祖母が亡くなったとの連絡。
少し不思議体験でした。


まーなんやかんやとありながらも終わり
帰省終了。
帰りも新幹線で帰り
新横浜に22時頃に帰ってきた。

今回、久しぶりに新幹線に乗って思った事。
新幹線はやーい、原付よりはやーい、疲れなーい。
いや当たり前だけど
やっぱ楽だな電車移動は。
そんな感じの日でした。

では、また。
[PR]
# by azuma1013 | 2014-11-13 21:11 | 出来事 | Comments(0)

原付行脚膝栗毛・会津若松編4

またまた前回からのつづき

原付旅に出てから4日目の11月4日(火)の朝からの話。
朝の5時半頃に3連泊した漫画喫茶を退店し
走り出す準備を始める。
防寒着を着たりとなかなかに時間が掛かる。

この日、この場所は前日まで降っていた雨も上がり
寒さはあるものの走りやすそうな1日になるかなーとの印象。

さて会津からドコへ向かうのかと言えば
色々と考えたワケです。
まず1つは宮城とかもっと北へ向かうルート。
次は新潟方面の日本海ルート。
そして帰宅ルート。

さてドコへ行こうかと考えた末
やはり体の疲れが溜まってきたので帰る事に決定。
色々と他の場所へも行きたいのはやまやまだが
いかんせん無理だわ。
もっと準備を万端に整えてから再チャレンジとする。
でも、おそらくこの機会を逃したらもう行かないと思うけど。


そんな訳で出発準備も整い、いざ出発。
漫画喫茶を出たときはまだ日も昇っておらず
薄暗かったけど準備をしていると日も出てきた。
帰るルートも行きの時とは別の
海側から行く等も考えたけど
一刻も早く帰りたいので
最短距離の大嫌いな来た道を戻るルートへ。
いや私は何よりも来た道を戻る事が大嫌い。
でも仕方がない今回は。

って事で山間部へと入っていく。
道中は前日までの雨で路面が濡れており
朝の寒さで路面が凍っているんじゃないかと
いうぐらいな感じの道。
でも多分、実際は凍ってはいなかったと思う。

しかし晴れていると思われた天気も
山を登ったり降りたりしている内に
雨がポツポツと小雨になる。
そして何よりも寒い。
特に手が寒い、寒くて仕方がない。
グローブを2重に着けているがそれでも寒い。

一旦、60キロほど走った所で1回目の休憩をとる。
時間は7時過ぎ、
閑散とした道の駅で寒さで凍えた体を温める。

再出発するも、まだ雨は小雨状態。
寒さと雨に耐えながら走り続けると
9時前ぐらいに雨も上がり気温も上がってきたので
なんとか走り続ける。

山間部も抜け国道4号へと入り
後はしばらく道なりに南下状態。
10時頃に2回目の休憩。
道の駅で暖かいコーヒーを飲む。
体の寒さも抜け走りやすくなってきた。

また南下していくが
この時間帯に走った時は
かなり渋滞状態で道幅も狭く
なかなか前へ進めず時間をかなりロスしてしまう。
なんとかそれを抜け更に南下。
昼の12時半頃に埼玉の草加辺りで3回目の休憩。

この辺りでは家までの距離が現実感が出てきたので
かなり気持ち的にも楽になってきた。

東京へ入るが、来た時と同じように
国道4号と15号の間の狭間に迷い込み
またウロウロとして時間ロス発生。

なんとか15号へ乗りココからはもう
普段よく走る道、見慣れた道なので楽勝楽勝。

なんやかんやで14時半頃に自宅到着。
クソ疲れて眠い。
でも走っていて楽しい旅だった。
何といっても今回は目的地が明確に有り
そこでする事も決まっていたので
かなり焦りながらの行きとなるが
現地ではとても楽しく過ごせたので良し。


帰りのタイムは9時間弱で距離は290キロ。
行きよりもかなり早めに着いた。
予想よりもかなり早く着いて驚く。
やはり雨がないのと休憩が少ないので
時間もかなり行きと違い短縮されたようだ。

今回の総移動距離は663キロ。
おーかなり走ったけど実際は3泊4日だしな。
そう考えると1日あたりの距離はそうでも無いと思ったけど違うな。
初日と最終日だけの走った距離で600キロぐらいか。
やっぱりいっぱい走った。

道は走りやすく思っていたよりも時間もかからない。
もう1度行くかと聞かれれば
アメリにはイヤだと言っていたが
走り終えて思ったのは、そこまでイヤじゃないかもな。
でも雨はさすがに勘弁。
そんな感じの今回の旅でした。


では、また。
[PR]
# by azuma1013 | 2014-11-09 21:42 | 出来事 | Comments(2)

原付行脚膝栗毛・会津若松編3

再び前回からのつづき

会津3日目の11月3日(月)の朝からの話。
この日も昨日の夜から降り出した雨が続き
まだまだ雨が降っている状態。
強い雨では無いが普通に傘がいる程度な雨だった。

さて朝の6時過ぎにアメリと2人で漫画喫茶を退店し
こんな朝早くにドコへ行くのかと言えばラーメン屋である。
前日の居酒屋会談で、
朝の時間しか食べられない人気のラーメン屋があるとの事
開店時間が朝の7時からで
スープが無くなり次第、閉店なので午前中には閉店するとの話。
行列も出来る様なので
朝一の開店前に着くようにこんな時間から行動開始。
まだ眠い中、アメリと2人で車で向かう。
この日は原付は置いて、終始アメリ車で移動する事になる。
まー雨も降ってるし原付移動は辛い。

店に着くと開店前だが数人の並びあり。
だがこの人数なら開店と同時に店に入店し
席に座れる程度の人数。
流石に祝日で休日ではあるが雨も降っているので
人足は少ないのだろうか。

いざ開店時間となり入店し席に着く。
ほどなくしてラーメンも運ばれてきて
人気の塩ラーメンをいざ実食。

素直な感想として、旨いよ旨いけど…
別に朝早くに起きて来る程のモノでは無いなーとの印象。
いや味は抜群に美味しいんだけど
そこまでの労力を掛けてまではって感じ
家の近所にあって行列とかも無いなら
たまに食べるし、人にも勧められる味ってもん。
でもそれ以上は無い。


そんな感じで朝っぱらからラーメン食べて
これからどうしようかとの会議。
雨が降ってるからあまり観光地とかの見学
とかは少し面倒。
ってかあんまり興味が無い。
なんやかんやと考え
日帰り温泉へと行く事になる。
個人的にこんなに旅してるのに
2日間、風呂に入ってないから良いアイディア。


温泉施設へ行き、ひとっ風呂浴びる。
なかなかの風呂具合であった。
体がサッパリしてスッキリ爽快。

風呂上がりには今度は少し山道をドライブ。
何故か道中、AVとエロマンガの話で盛り上がる。
紅葉も少し残り綺麗な山道だけど
道幅は狭く、雨だし、地図を見ると途中から
道路が荒れ出すので途中で引き返す。

少しお腹も空いてきたので
昼ごはんを食べる事に
会津名物?なモノを食べようとの事で
カレー焼きそばなるものとソースカツ丼を食す。
コッテリなお腹にガツンとくるモノだけど
旨い旨い。朝に食べたラーメンより個人的には好みだった。

んで、後は電気屋行ったり
電気屋のベンチで談笑したりとしながら過ごす。

そして夕方、涙涙のお別れ。
いやウソだけど。

アメリと別れ、再び1人となる。
コンビニで時間を潰し
18時前に三度目の漫画喫茶に入店。
結局3日間、同じ漫画喫茶。
ココはワシの会津の家か!?
まさか漫画喫茶に3連泊するとは思わなかった。

いや連休の最終日だから
調べるとホテルも空いてるんだけど
原付でまだ雨の降る中、移動するのも面倒だし
明日は朝早くに出発予定だったから
もうこの際、漫画喫茶3連泊で良いやと思った訳です。


そんな3日目も無事に過ぎ
すっかり住み慣れた我が家の漫画喫茶。
漫画喫茶で寝るのも慣れた所で
翌日朝の5時半頃に退店。
滞在時間11時間51分。


今回もココまで。
次回で終わる予定。
では、また。


またまた、つづく。
[PR]
# by azuma1013 | 2014-11-08 00:13 | 出来事 | Comments(0)

原付行脚膝栗毛・会津若松編2

前回からのつづき

横浜から雨の降る中走り続け、
なんとか目的地の会津若松に辿り着く。
着いたのが夕方頃。
まずは何をするにもホテル探しから。
翌日も雨の予報が出ていたので
翌日のアメリと会う時間までホテルに滞在できるので
とりあえず当日(土曜日)と日曜日の2連泊を予定。

駅前にいくつかホテルがあったので
いくつか当たってみるがどこも満室。
マジか!?
駅から少し離れた場所もダメ。
たしかに3連休の初日だし当日いきなりではあるけど
こんなにドコも満室なもんなんか?
もちろん当日だけ泊まるも翌日だけ泊まるでも無理。
舐めてたぜ会津・・・こんなに厳しい洗礼を受けるとは。

結局ホテル探しは断念。
得意の漫画喫茶に泊まることを決意。
調べたところ近所の漫画喫茶のナイトパックが
20時からなのでそれまで時間を潰す。
この時点で17時頃。
正直、何も無さそうなココで時間を潰すのは難しい。

いつも通りファミレスで時間をつぶす。
ゴハン食べてドリンクバーを飲み潰して
なんとか20時前まで時間潰し
漫画喫茶へと向かう。

漫画喫茶で受付済ませ、
自分のブースに行きバタンキュー状態で眠る。
流石に1日でココまで走り眠気と疲れがピークだった。

翌朝9時頃に退店。
滞在時間12時間53分。
この日は晴れていたので
約束の時間まで周辺を原付で散策。
まずは猪苗代湖までと走り出す。

とても走っていて気持ちの良い道だったが
猪苗代湖で霧状態発生。
もう前が真っ白で先がまったく見えない。
それでも進むが途中でマラソン大会があるらしく
湖の周辺道路が通行止め。
仕方が無いので引き返す。

磐梯山方面を少し走り、昼頃に戻る。
ファミレスでステーキを食べて
朝までいた漫画喫茶に戻る。
そこに原付を停めて
待ち合わせの場所まで歩いて行くことに。

待ち合わせの場所はそこからかなりの距離はあるが
まー時間つぶしも兼ねて歩く事にする。
2時間ほどブラブラ歩いて到着。

まだ時間まであったので
コンビニで時間潰したりやしながら待つ。


そして待望のご対面。
車に乗ってアメリ登場。
会って直ぐに雨も降り出す。
なかなかのベストタイミングではあった。
もう少し会うのが遅かったら
雨に濡れながら待つことになっていた。

なんやかんやと話しながら
車で電気屋へ行ったりしながら
今夜の戦場の居酒屋へと移動。

そこでまたなんやかんやと色々と話。
途中、飲みすぎてトイレの前で
目の前が真っ白になりかなり危うく感じるも
直ぐに回復。
結局18時から24時ぐらいまで居酒屋に滞在。

その後は代行を呼び車で
漫画喫茶へアメリと一緒に行き
一緒に漫画喫茶泊。

翌日朝の6時過ぎに店を退店。
滞在時間5時間48分。


今回はココまで。
では、また。

また、つづく。
[PR]
# by azuma1013 | 2014-11-07 00:03 | 出来事 | Comments(0)

原付行脚膝栗毛・会津若松編1

今月11月から、いつも通り無職となったので
さっそく原付で旅に出ました。

目的地は福島の会津若松。
そうこの場所はアメリと会う為にこの場所。
アメリと連絡を取り時間を11月2日の夕方頃に会おうと決める。

いつもは特に細かい場所や時間とか
決めずにブラブラと行くんだけど
今回はいつもと違い
何時まで行かなきゃいけないとの
タイムリミットがあるので大変。

調べてみた所、目的地までの
距離は300キロ程で時間は7時間半(休憩なし)かかる模様。
2日の夕方までに着くには
余裕を持って前日の1日の昼頃に出発し
その日は、だいたい全工程の半分の距離である
栃木の宇都宮で1泊して
次の日に残り半分の宇都宮~会津まで走ろうと計画。

だがここで出発前から問題発生。
原付で走る際の一番の敵、そうそれは天気。
天気予報では1日も2日も雨マーク。
んーどうしようかと思うも
せっかくアメリには会う時間を作ってもらったし
基本的には行く方向で考える。
後は当日の予報と実際の天気と相談だな。


そんな訳でいざ当日。
前日の10月31日に最後の仕事を終えて
送別会があるのでそこへ行き
帰ってきたのが明けて1日の24時過ぎ。
そこから風呂に入り布団に入るも
緊張なのか何なのかまったく眠れず。

仕方が無いので、このまま寝ないで走ろうかな。
今ならまだ天気も曇りだし
結局天気予報でも雨マークは変わらずだし
雨の降らない内に先に進んでおこうと考える。
さっそく準備し4時半頃に出発。

家に出た瞬間に小雨が降り出す。
カッパを着ながら
この判断は間違っていたんじゃないかと思い
家に戻るか、それとも企画自体をやめるか考えるも
せっかくだしとそのまま進む。

雨は小雨程度でそこまで強くなく
寒さもほとんど無い。
11月とはいえ北へ向かうので服装はかなりの厚着。
ほぼ真冬仕様の装備。

まずは国道15号で東京へ
1時間程で着きココから
国道4号へと変わるのだが
いつもココで迷う。
銀座周辺をウロウロしてなんとか4号へ乗る。
この辺りまでは雨だから一旦帰ろうかどうしようかと
常に考えながら走っていた。
でも東京過ぎると、もう戻るのも面倒なので
その考えも無くなる。

4号を北上し埼玉の春日部で最初の休憩。
出発から2時間ほど走り70キロほど進んだ。
この時点で朝の7時頃。
夜は明けたので走りやすいが
雨は変わらず降る、小雨前後の雨が降り続ける。

休憩を終え1時間ほど走り続ける
ここの期間はとても眠くて
何度も何度も眠くて走りながら寝落ちしており
かなり怖い思いをしながら走った。
流石に徹夜状態でこのままはマズイ。
もう危険と判断し道の駅のベンチで寝る。
流石に横になっては寝れないので
普通に座り目を閉じる。

30分ほど寝たが思いのほかスッキリ。
眠気は一時的に飛んだ。
元気になったので再出発。

11時頃に当初の予定ではココで1泊する予定だった
宇都宮へと近づくが相変わらず雨だし
今後はもっと雨が降るかもしれないので
まだ弱い内に先に進もうと判断し
そのまま止まらず進む。

12時頃に栃木の矢板で休憩。
ここまでは、ほぼ平坦な道だったが
ここからは山間部へと入る。

西那須野辺りで国道4号から
400号へと入り続いて121号へ
13時頃には福島へ入る。

山間部はまだ少し紅葉も残った状態で
なかなかキレイ。
そして道もそこまで激しくないので
とても走りやすいというか走っていて楽しい道である。
そう、雨さえなければ・・・。
雨はそこまで強くは降らないが
降ったり止んだり繰り返し。
基本的にはずっと小雨の状態。

14時頃に会津若松の手前50キロ程度まで着く。
この時点ではもう雨は上がった状態。
晴れてはなく曇り状態だけど。

そして最後の休憩を終えて目的地へと向かう。
雨はやんだが濡れた路面に注意しながら
山間部も下り始め周りの車も増え出し
目的地直前には渋滞に巻き込まれるも
なんとか16時前には会津若松へ到着。
所要時間は約12時間、距離は約300キロ。
かなり休憩時間も多かったが
意外に思っていた程は時間は掛からず到着したなとの感想。

さて長くなったので今回はここまで。

では、また。


つづく。
[PR]
# by azuma1013 | 2014-11-05 23:13 | 出来事 | Comments(0)

無職になると今後が大変なのはよく知ってるよ、だって5度目の無職だもん。

10月も下旬に差し掛かり
寒さも感じ始める今日この頃。
あー寒いのはイヤだ寒いのはイヤだ。

さて今月の10月13日で私もいつのまにやら
31歳となったとさ。
誕生日当日はもちろん何も無く
普通に働いて家帰って寝ました。
実感ゼロです。

いや毎年毎年ですが
本当に年々と年をとる実感が薄れていく。
31歳って何だよ。笑けてくるわ。
どんな大人だよ。


さてそんな31歳の私ですが
先月のブログに少し書きましたが
無職間近です。

派遣会社と派遣先とのゴタゴタが
色々とありまして
最初に聞いた話では
派遣先が派遣会社に
おたくら派遣とはもう付き合えないから
来月で派遣全員いらないって話だったが
それが派遣でも使える人は残ってとか
やっぱり全員いらないとか
やっぱりこの話、全部なし今まで通りにしようとか
話が転がりに転がり
結局、派遣で残る人は残ってもいいし
辞めたい人は辞めてもいいし
派遣元に直接雇用で入りたい人は入っていいし
とかいう話に落ち着く。

何だかなー。
まー自分は辞めるんでもうイイやどーでも。

そんな訳で今月いっぱいで働くのまたまたまたまた辞めます。
あと一週間程で辞めると考えたらうれしくてしょうがない。
もう毎日本当に指折り数えてます。
あと何日、あと何日と毎日毎日考えてます。
このカウントダウンが仕事を辞める時のうれしい実感です。
そして実際辞める当日になって帰る道中が最高に気持ちいい。
これは今まで何度も体験してるけど毎回最高。

でも、この時に思うことがもう一つ。
もうちょっとなら続けても良かったなーということ。
何だか矛盾なんだけど
辞めるのが決まる前は
毎日辞めたい辞めたいと考えて
辞めるのが決まるとうれしくて指折り数え
いざ辞めたら、もうちょっと続けたかった
と思うという。

これ毎回思う。
でも、時が過ぎればあの時辞めといて良かったなー
とも毎回思うので
今回もきっとココがヤメ時なんだろうな、うん。


よし来月から本気出す!
本気出して無職と向き合う!
やりたい事も色々とやろう。

と毎回思うけど
結局何もせずに過ごす無職期間なのです毎回。
今度こそは今度こそは。

いや無職への努力じゃなくて
仕事への努力をしろよというのは正論です。
私もそう思う。

まーいいや、では、また。
[PR]
# by azuma1013 | 2014-10-23 22:41 | 出来事 | Comments(0)

無職間近。

はい、まぁ9月です。
今回もいつも通りです。

何だか今年の夏はあまり暑くない印象だった。
いや、もちろん暑さはあるんだけど
夏が短かったというか雨も多かったような
なんだかなー

数年前の夏はハンパなく暑く感じた。
あれは警備の仕事してた時。
深夜の巡回で外に出た時に
夜中の3時とかなのにクソ暑くて
凄い驚いた印象が強烈に残ってるなー。

まーこんな話はどうでもいいんだ。


いま働いてる所、
11月末ぐらいに辞めようかな~と考えていたら
今日いきなり今月一杯で今の現場は終わるとの話。
自分は派遣なんで別の派遣先に行くか
今の所と直接契約にするか
どうしますとの話だった訳さ。

どーしよっかな
どっちにしても辞めようとは考えてたから
少し早いけどこのまま辞めようかどうしようか考え中。

さて人生の選択肢に入りましたよ。
ここの選択でどう変わるか今後の俺の人生。
まー多分、何を選んでも
もうたいして変わらない人生だろうね。

おわり。
[PR]
# by azuma1013 | 2014-09-21 02:50 | 出来事 | Comments(0)

8月32日へ向けて。

おぉーっときました。
8月も最終日です。
8月31日と言えば伝統の8月32日の話。
キテレツですよキテレツ。
「ぼくのなつやすみ」でもなく「神聖かまってちゃん」でもないよ。
8月32日といえばキテレツ大百科です。
これ絶対!

ここ数年8月31日にブログ更新してないだろうから
久しぶりにリアルタイム8月32日の話題な気がする。
ちゃんと調べてないから分からんけど。

それにしても夏終わる、早い!
何も夏らしいことをしていない。
海水浴、キャンプ、花火、虫採り、夏フェス、夏祭り!
でもする気もないっ!
そんな夏。
愛なんていらねぇよ夏。と叫んだ人がいた昔。


最近もー特に何も変わらず
小さなことは探せばあるだろうけど
特に大きな事は変わらず
何も無い日々です。


おわりです。
[PR]
# by azuma1013 | 2014-08-31 00:25 | 思考行動学 | Comments(0)