原付行脚膝栗毛・会津若松編4

またまた前回からのつづき

原付旅に出てから4日目の11月4日(火)の朝からの話。
朝の5時半頃に3連泊した漫画喫茶を退店し
走り出す準備を始める。
防寒着を着たりとなかなかに時間が掛かる。

この日、この場所は前日まで降っていた雨も上がり
寒さはあるものの走りやすそうな1日になるかなーとの印象。

さて会津からドコへ向かうのかと言えば
色々と考えたワケです。
まず1つは宮城とかもっと北へ向かうルート。
次は新潟方面の日本海ルート。
そして帰宅ルート。

さてドコへ行こうかと考えた末
やはり体の疲れが溜まってきたので帰る事に決定。
色々と他の場所へも行きたいのはやまやまだが
いかんせん無理だわ。
もっと準備を万端に整えてから再チャレンジとする。
でも、おそらくこの機会を逃したらもう行かないと思うけど。


そんな訳で出発準備も整い、いざ出発。
漫画喫茶を出たときはまだ日も昇っておらず
薄暗かったけど準備をしていると日も出てきた。
帰るルートも行きの時とは別の
海側から行く等も考えたけど
一刻も早く帰りたいので
最短距離の大嫌いな来た道を戻るルートへ。
いや私は何よりも来た道を戻る事が大嫌い。
でも仕方がない今回は。

って事で山間部へと入っていく。
道中は前日までの雨で路面が濡れており
朝の寒さで路面が凍っているんじゃないかと
いうぐらいな感じの道。
でも多分、実際は凍ってはいなかったと思う。

しかし晴れていると思われた天気も
山を登ったり降りたりしている内に
雨がポツポツと小雨になる。
そして何よりも寒い。
特に手が寒い、寒くて仕方がない。
グローブを2重に着けているがそれでも寒い。

一旦、60キロほど走った所で1回目の休憩をとる。
時間は7時過ぎ、
閑散とした道の駅で寒さで凍えた体を温める。

再出発するも、まだ雨は小雨状態。
寒さと雨に耐えながら走り続けると
9時前ぐらいに雨も上がり気温も上がってきたので
なんとか走り続ける。

山間部も抜け国道4号へと入り
後はしばらく道なりに南下状態。
10時頃に2回目の休憩。
道の駅で暖かいコーヒーを飲む。
体の寒さも抜け走りやすくなってきた。

また南下していくが
この時間帯に走った時は
かなり渋滞状態で道幅も狭く
なかなか前へ進めず時間をかなりロスしてしまう。
なんとかそれを抜け更に南下。
昼の12時半頃に埼玉の草加辺りで3回目の休憩。

この辺りでは家までの距離が現実感が出てきたので
かなり気持ち的にも楽になってきた。

東京へ入るが、来た時と同じように
国道4号と15号の間の狭間に迷い込み
またウロウロとして時間ロス発生。

なんとか15号へ乗りココからはもう
普段よく走る道、見慣れた道なので楽勝楽勝。

なんやかんやで14時半頃に自宅到着。
クソ疲れて眠い。
でも走っていて楽しい旅だった。
何といっても今回は目的地が明確に有り
そこでする事も決まっていたので
かなり焦りながらの行きとなるが
現地ではとても楽しく過ごせたので良し。


帰りのタイムは9時間弱で距離は290キロ。
行きよりもかなり早めに着いた。
予想よりもかなり早く着いて驚く。
やはり雨がないのと休憩が少ないので
時間もかなり行きと違い短縮されたようだ。

今回の総移動距離は663キロ。
おーかなり走ったけど実際は3泊4日だしな。
そう考えると1日あたりの距離はそうでも無いと思ったけど違うな。
初日と最終日だけの走った距離で600キロぐらいか。
やっぱりいっぱい走った。

道は走りやすく思っていたよりも時間もかからない。
もう1度行くかと聞かれれば
アメリにはイヤだと言っていたが
走り終えて思ったのは、そこまでイヤじゃないかもな。
でも雨はさすがに勘弁。
そんな感じの今回の旅でした。


では、また。
[PR]
by azuma1013 | 2014-11-09 21:42 | 出来事 | Comments(2)
Commented by アメリ at 2014-11-09 23:16 x
いやはや、ホントにお疲れ様でした。
それじゃぁまた来週辺り来てくれよな!!
もしくはスリランカで会おう!!!
Commented by azuma1013 at 2014-11-12 10:37
こちらこそ、ありがとさん
やっぱり、もう行きたくねーやw
<< おいっ帰るぞ。 原付行脚膝栗毛・会津若松編3 >>